その7:ヴィールフランシュのダラダラ生活

ジャズピアニスト浅井岳史の2019南仏旅日記

さて、エズ最初の朝、すっかり寝坊してしまったが、昨日の移動の疲れも残っていることと、来週始まるエジプトツアーのマーケティングの仕事があったので、午前中はアパートで仕事。ベランダにMacBookProをセットしてオフィスにした。目の前には山沿いに這うように作られた中世の石の街エズ、向こうには山が連なる。下には地中海の海が太陽の光を反射してキラキラ輝く。大小のクルーザーが停泊する。海の向こうにはキャップ・フェラの半島がくっきり見える。そこには美しいビーチとロスチャイルドの別荘、キャッツやオペラ座の怪人の作曲家アンドリュー・ロイド・ウェバーの別荘もある。こんな素晴らしい環境で仕事をする、これは究極の贅沢だ。
 昼に今年初めてのビーチに出る。私たちはビーチが好きだ。日本にもアメリカにもイタリアにも出かけて行ったが、地中海ほど素晴らしい海は無い! と思っている。水の温度が究極に良くて、いつもざぶんと入って長い事浸かっていられるのだ。この辺りのビーチにもほとんど出かけているので、お気に入りのビーチがもう決まっている。Villefranche sur merである。VilleはVillage、FrancheはFree。こんな良いところは、アフリカ大陸からアラブ人、西隣からカルロス5世率いるスペイン人、東隣からはイタリア人が攻めて来る。そんな危険な場所には誰も住みたくない。が、誰も住んでいなければ簡単に奪われてしまう。そこで、フランス国王フランソワ1世が税金を免除して人を住まわせたことから、この名前がある。古いビーチ沿いの壁に、フランソワ1世とカルロス5世の講和条約の締結地の碑を見つけた。
 ビーチで火照った体をカフェに入って落ち着かせる。ビーチに行きかう人を見ながらのドリンクが上手い。海沿いにはおしゃれなレストランが並び、その横には漁船が停めてある。漁村であったのは一昔だとガイドブックには載っていたが、実際には漁に使う網が干してあったりするので、今でも魚を漁っているようだ。となると、ますますこの辺のレストランに入りたくなるが、お洒落な海沿いのテーブルに乗せられたテンコ盛りのムール貝を横目に家に帰る。
 夕方はエズのカジノで買い物。なんと数年前と同じ女性が働いていた。声をかけたら、5年前からずっと働いているそうだ。でステーキを買ってアパートで焼く。安い肉を選んで買ったが、うまく焼けた。ステーキは安い肉の方が美味いと思うのは私だけだろうか。それをバルコニーのテーブルに並べて、9時を過ぎてもサンサンと輝く太陽の下で食べるのは天国である。何だか、仕事のことも全てのこともどうでもよくなってきた(笑)。
 翌日。昨日はビーチを満喫したビーチデーで、今日はChapelle du Rosairに出かけることにしていた。が、昨日から出てきたダラダラ感を克服出来なくなって、今日もビーチデーにすることにした。それでいいのだ!
 ただし、実は昨日行った私たちの「お気に入りのビーチ」のほかに、私たちが「秘密のビーチ」と呼んでいるビーチがある。その名の通り小さな入江の小さなビーチで非常にプライベートであるのだ。が、小さなビーチなのに駐車場が一杯で入ることが出来なかった。仕方ない。「秘密のビーチ」は諦めて昨日の「お気に入りのビーチ」に戻る。確かにここは駐車場もいつでも入れるし、シャワーもトイレもカフェもある。来ている人はイタリア、ドイツ、イギリス、ロシアなどかなり国際的である。コート・ダジュールらしくトップレスの女性もいる。
 水にじゃぼんと飛び込み、泳いで、潜って、魚を見て、ビーチに戻って寝そべって、今日はこのビーチにこれでもかと思うくらい長い時間いた。お腹が空いたので、カフェでスナック。ここにはカフェが2軒並んでいて、片方は綺麗でメニューが豊富でいつも混んでいる。もうひとつは殺風景でいつもガラガラ。そのガラガラなカフェに入る。とても優しいお姉さんがお母さんのような女性と2人でやっていた。ふと、この母娘は冬の間何をしているのかが気になった(笑)。
 少しほとぼりが冷めた頃に、Villefrancheの街を散策。海岸沿いの階段を登ると、中世の石の街にレストラン、ベーカリー、お土産やさんが並ぶだけの小さな街であるが、歴史は14世紀まで遡り、水汲み場から回廊までいたるところにそれを感じさせる。石段の上に教会がある。中に入ると広くはないがあまりも立派でびっくりする。この小さな街にとってやはり教会は人々の生活の中心であったのだろう。14世紀の回廊をくぐって再び海へ。
 今夜の夕飯は昨夜のステーキの残りを温める。このダラダラ生活、本当に良いなぁ。(続く)
(浅井岳史、ピアニスト&作曲家)
www.takeshiasai.com

ハーレムと日本の架け橋に

トミーさんの音楽葬で遺影を持つ松尾さん (1月23日夜、メモリアル・バプティスト教会で)

音楽プロモーター、NYコーディネイター、
Harlem Japanese Gospel Choir代表、
ハーレム・グローバル・ツーリング社代表

松尾 公子さん

 1月23日夜、ハーレムと日本とを結ぶ文化の架け橋として活躍したトミー・富田さん(享年80歳)の音楽葬がハーレムの教会で行われた。マルコムXの法定代理人、マンハッタン区長を3期務めたことでも有名なパーシー・サットンファミリー、ハーレム商工会議所代表、アポロシアターファミリーなど生前富田さんと繋がりのあったハーレムの面々が集まり、ブラックミュージック満載の華やかな音楽葬となった。最前列で遺影を持っていたのが松尾公子さんだ。ハーレムで18年間、富田さんを支えた。
 松尾さんは、3歳からピアノとモダンバレエを習い、高校時代、サーフィン好きの仲間の影響でボディボードを始め、レゲエと出会う。R&B・ソウルなどのブラックミュージックにはまり、ディスコ・クラブ全盛時代へ。大学卒業後は、エンターテイメント系会社の広告宣伝部で雑誌やテレビの仕事に従事したあと渡米。現在、ハーレム・グローバル・ツーリング社代表として日本とハーレムの交流を様々な形でアシストしている。トミーさんが創設したハーレム・ジャパニーズ・ゴスペルの代表としても活躍するが、表千家茶道、草月流華道、着物着付け、書道は七段という日本文化もしっかり身に付けているスーパーウーマンだ。
 すでに数年前からトミーさんが始めた日本人初のハーレムツアーなど仕事のすべてを受け継いでおり、昨年からは世界初の正式ライセンスでアポロアマチュアナイト・ジャパンをスタート、今年はアジアにも拡大するという。
「35年のハーレム生活で、どれだけしっかりと、コミュニティーに根を下し、皆さんにトミーが愛されてきたか。知っていたつもりだった私でさえ、さらに驚くほどの大変な功績と愛されかたでした。心に空いた大きな穴をこれからどのくらいの時間をかけて埋めていくことができるのか、それだけがこれからの自分の課題です。これからもトミーのレガシーを心に、さらに頑張っていきます」と語った。音楽の世界に入る前は札幌冬季五輪のリュージュの日本代表選手だったトミーさん。大柄で繊細な心の持ち主だったトミーさんが今度は天国からしっかり松尾さんを見守る番だ。(三浦良一記者、写真も)

聖バレンタインの由来 愛の守護神

イベント各地で開催

 時は13世紀初頭。故郷に妻を残して出兵すると士気が下がるとの理由から兵士の結婚を禁止したローマ帝国皇帝の命令に背き、隠れて兵士の結婚式を行っていたキリスト教司祭のウァレンティヌス(バレンタイン)。やがてその噂が皇帝の耳に入り、怒った皇帝はウァレンティヌスを呼びつけ、改めて結婚式を行うことを禁じたが、ウァレンティヌスは毅然として皇帝の命令に屈しなかったため処刑されてしまう。それが2月14日で、後世の人々は司祭の勇気ある行動を讃え、その日を「聖バレンタインの日」とし、彼を恋人達の守護神としてまつるようになった、と言われている。
 女性が男性に愛の告白をする日として定着した日本と違い、欧米では恋人や夫婦がお互いに、また親しい友人同士も花やケーキ、カードなどを贈り合う。

バレンタインデー・ファミリー・プレイデート=9日(日)午前10時〜正午 コネチカット州グリニッチ郊外にある野鳥保護を目的とした自然保護区で開催される子供向けイベント。自然をテーマにしたクラフト製作やライブ音楽、動物とのふれあいが楽しめる。対象年齢は1〜6歳。参加費:10ドル(2歳以下の子供無料)。要予約。場所:Greenwich Audubon Center(613 Riversville Rd, Greenwich)詳細:https://greenwich.audubon.org/
ワークショップ=13日(木)午後4時30分〜6時 「GlowForge」という3Dレーザープリンター・カッターを使ってバレンタインをテーマにしたペンダントやピンを作るワークショップ。対象年齢:9〜12歳。参加費:25ドル(材料費込み)。場所:The Rye Arts Center (51 Milton Rd. Rye) 詳細:www.ryeartscenter.org/
狼とバレンタインパーティー=9日(日)午前11時、15日(土)午前11時と午後2時の2回。狼の保護と環境保護教育を目的とする非営利団体WCC(Wolf Conservation Center)で開催されるイベントで、狼の生態をはじめ、自然界での狼の役割や人間との関係などを学ぶ。3頭の「狼大使」を間近に見ることも出来る。参加費:大人15ドル、子供(12歳以下)12ドル。要予約。防寒着着用のこと。場所:Wolf Conservation Center (7 Buck Run, South Salem) 詳細:https://nywolf.org/
バレンタイン・キャバレー「Love is…」=14日(金)午後8時開演。男女の愛、家族愛、友情などさまざまな愛を歌と物語で追及するショー。演じるのはウェストチェスターを拠点とする劇団「Chill Bucket」のメンバー14人。会場はスカースデール駅から徒歩10分の教会。チケット(ワインと軽食付き):ひとり35ドル、2人59ドル、4人で109ドル。場所:Church of St. James the Less (10 Church Lane, Scarsdale) 詳細:www.chillbp.com/

キッズ映画祭開幕

Photo: Courtesy of Northwest Film Forum

ブルックリンのBAMで2月1、2日
世界30か国から87作品

 第22回「キッズ・フィルム・フェスティバル」が2月1日(土)と2日(日)の2日間、ブルックリンのバム(BAM=ブルックリン・アカデミー・オブ・ミュージック)内にあるローズシネマ(30 Lafayette Ave)で開催される。 
 毎回世界各国からの短編長編を含めた子供向けフィルムを北米ファンに紹介するショーケース。今回は約30か国から短編を含む87作品を集め、ほとんどの作品がニューヨーク初公開、うち数作品は世界初公開。日本からは、イラストレーターでアニメ作家のきしあやこ作品「ヒロとハナ、ラッコのお気に入り」が公開される。2月から3月にかけてニューヨークで開催される国際アニメ・フェスティバルの前哨戦とされる同フェスティバルに参加し、アカデミー賞受賞候補になった作品もあり、2日間で約5000人の親子を観客に動員する全米で有数の子供向けフェスティバルのひとつ。期間中、映画製作者が顔を見せるほか、コンサートやパフォーマンス、パペットのマスタークラスやワークショップなどのイベントも多数予定されている。
 入場料は大人・シニアが15ドル、会員・13歳未満が10ドル。チケットは劇場窓口、またはオンラインから購入できる。詳細はウェブ www.bam.orgを参照。

「れいわ一揆」上映

MoMAで2月12日
原一男監督が来米

 日本映画「れいわ一揆」(原一男監督)が2月12日(水)午後6時15分からニューヨーク近代美術館(MoMA)で北米プレミアとして上映される。同美術館が2月5日から19日まで開催するドック・フォートナイト2020参加作品として上映される。
 選挙ドキュメンタリー作品で、東京大学東洋文化研究所教授・安冨歩は2013年以来、「もっとも自然に生きる事ができる」スタイルとして、女性服を着る「女性装」を実践していた。
 彼女は、山本太郎代表率いるれいわ新選組から参議院選挙の出馬を決める。選挙活動を通して彼女が一貫して訴えるのは、「子どもを守ろう」。新橋SL広場、東京駅赤レンガ駅舎前、阿佐ヶ谷駅バスターミナル他都内各地から旭川、沖縄、京都まで白馬の相棒「ユーゴン」とともに全国を巡ってゆく。そして故郷の大阪府・堺市駅前に立った彼女は、美しい田園風景が無個性な住宅街に変わり、母校の校舎も取り壊されてしまい、喪失感を吐露し始める・・・「ニッポン=豪華な地獄をぶっ壊す!」と。

 令和元年夏、参議院選挙で注目を集めた「れいわ新選組」から出馬した安冨歩を中心に、10人の個性豊かな候補者たちを、「ゆきゆきて、神軍」の原一男が鋭く迫った。昨年の東京国際映画祭でワールドプレミアが行なわれ、世界の映画祭での上映が続々と決定し、選挙戦に留まらず、国内外の映画祭で注目を浴びている。過激な登場人物たちを通じて昭和・平成の時代を抉ったドキュメンタリー映画界の鬼才が、令和に突如現れた話題の政党にどのようにフォーカスしたのかを追う。
 監督の原一男は、87年、元日本兵・奥崎謙三が上官の戦争責任を過激に追究する『ゆきゆきて、神軍』を発表。大ヒットし、日本映画監督協会新人賞、ベルリン映画祭カリガリ賞、パリ国際ドキュメンタリー映画祭グランプリなどを受賞。
 庶民の怒りと叫びを描いた「ニッポン国vs泉南石綿村」は2018年にジャパン・ソサエテイーのジャパンカッツで上映され、昨年は原一男(疾走プロ作品)レトロスペクテイブがMoMAで行われ、その後、ハーバード大学ではドキュメンタリー・レトロスペクテイブ、フラハテイセミナーでは、3部作を上映し注目を浴びるなど寡作ながら、公開された作品はいずれも高い評価を得ている。
 映画のみの入場料は、一般12ドル。シニア10ドル、学生8ドル。上映時間4時間。購入はMoMAのウェブサイトwww.moma.org/calendar/film/5193

NYの街の歴史 「日常の写真」展

CC Train, New York, 1985, by Richard Sandler. ( Image courtesy Museum of the City of New York)

アッパーイーストサイドで

John Lennon and Yoko Ono in front of Dakota, New York, Nov.24, 1980, by Allan Tannenbaum.

 ニューヨーク市立博物館(5番街1220番地、電話212・534・1672)で写真展「ニューヨーク・ストーリーの収集:スタイベサントからシド・ヴィシャスまで」が1月21日から12月31日まで開催されている。
 ジョン・レノンとヨーコ・オノがダコタ・ハウスを背景にしたポートレートはアラン・タンネンバウムが1980年11月24日に撮影したもので、その2週間後の12月8日にジョンが暗殺されている。そのほか、ケンジ・ナカハシの1998年の作品「エンパイア・オン・ミラー」や、19世紀の最後のオランダ総局長であるペトリュス・スタイベサント所有のロウアー・マンハッタンの地図など歴史を物語る作品が展示されている。

人から人への感染心配

マスクをして歩く人たち(1月28日午後1時フラシンングで、写真・三浦良一)

予防に戦々恐々
人目気にせずマスク

 ニューヨーク市5区の中でもアジア系住民が多いクイーンズ区のフラシングは特に中国系移民が集中する町で大通りの交差点には漢字の看板が立ち並ぶ。地下鉄駅から地上に出ると日本のどこかの地方都市かと見間違うほどだ。マスク姿が多い。若者だけでなく中高年の男女もマスク顔が多い。「外出する時はマスクをしていたら安心か」と聞くと交差点で信号待ちの女子学生が目だけこちらに向けてうなずいた。米国ではマスクは工事現場の工員か「重病人」と宣言しているかのように怪訝な目で見られることが多く「予防」のためという意識がない。にもかかわらず、人目はばからずマスクをしている人が多い。ドラッグストアでは売り切れの店もあるという。
 新型コロナウイルスによる肺炎は、昨年12月に武漢市で報告され、旅行者を通じて海外にも広がった。世界保健機関(WHO)は新型コロナウイルスについて、国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(PHEIC)を宣言するのは時期尚早と発表した。中国ではヒトからヒトへの感染があると発表している。ベトナムでも人から人への感染が確認されたと発表されている。潜伏期間中の感染が報告されており、予防が難しくなっている。
 WHOによれば致死率は推定3%程度。この数字は2003年に流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)の致命率9・6%よりは低い。SARSでは香港を中心に8096人が感染し、37か国で774人が死亡したとされている。
 新型コロナウイルスは中国に生息するアマガサヘビやタイワンコブラが感染源ではないかとの研究がある。特定の治療法はまだないが、対処療法と既存のウィルスワクチンは有効とされている。

武漢病毒研究所ウイルス流出説
米紙が示唆報道

 1月26日付ワシントン・タイムス紙は、コロナウイルスによる新型肺炎の感染源として武漢市にある「中国科学院武漢病毒研究所」との関連性を示唆する記事を掲載した。同紙のインタビューに答えたのはイスラエルの生物学的戦争の専門家で中国の生物兵器を研究している元イスラエル軍情報官のダニー・ショーハム氏。「中国科学院武漢病毒研究所は中国で最も進んだウイルス研究所で唯一バイオセーフティーレベル4(致命的レベルの)ウイルスを扱うことができ、犠牲者が武漢市に集中しているエリアに同研究所がある」と語っている。また24日付メトロ紙は英国の総合学術雑誌『ネイチャー』を引用し、2003年に大流行したSARSは北京の研究所から漏れたものだったと報じた。

コロナウイルス1分で死滅効果
スプレーを発売

 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルス(2019-nCoV)感染拡大を阻止するため、世界のヘルスケア機関・企業が取り組んでいる。カナダの殺菌消毒製品を製造販売するMedicom社(本社モントリオール)は1月24日、新型コロナウイルスを1分で死滅させる殺菌スプレーとワイプ(拭き取り)タイプの「プロ・サーフェス」を発売した。また米国のInovio社は、ノルウェーの国際官民パートナーシップ機関CEPIから1000万ドルの助成金を受けて新型コロナウイルスワクチン「INO-4800」を開発、これから人への第1相試験が開始される。

神奈川の魅力を紹介

鎌倉シャツの皆さん。左から2人目が講演した貞末さん

ジャパン・ソサエティーでニューヨーカーに

鎌倉、箱根、横浜
歴史と文化が息づく県

 ジャパンソサエティー(JS)は23日、神奈川県をニューヨーカーに紹介するトーク&試食会イベント「歴史と文化が息づく魅惑の国際都市」を開催した。JSの特別企画「日本を知る(Get to Know Japan)シリーズ」の第5回目。
 講演ではマンハッタンのミッドタウンに店を構えるメーカーズシャツ鎌倉常務取締役の貞末奈名子さんが鎌倉を、小田急電鉄観光事業開発部課長・野田健一さんが箱根を、そしてジェトロ・ニューヨーク神奈川県北米駐在員の鈴木仁史さんが横浜を、と3人の講師がスライドを交えてそれぞれの街の歴史や観光名所、その魅力について紹介した。
 講演後は米国での販路拡大を狙う神奈川県の企業、メーカーズシャツ鎌倉、岩井の胡麻油、湯河原のちぼりスウシーツなど約10社が参加し自社の商品を展示と試食で来場者にPRした。
 岩井胡麻油の代表取締役社長・岩井徹太郎さんは「ハワイやロサンゼルス、サンフランシスコではすでに販売しているが東海岸はこれから。ニューヨークでこんなにいい反応があるとは思わなかった」と笑顔。参加者のひとり、マイケル・カニストさんは「日本にはまだ行ったことがないが、神奈川県は四季を通じてとても魅力的で歴史のある街だということを知った。日本に行く機会があれば訪れてみたい」と話した。また、参加者には三崎港のマグロ丼が提供され、神奈川県の酒造メーカー泉橋酒造と熊澤酒造の日本酒テイステイングも行われた。この日は約280人の参加者でチケットは完売し、会は大盛況だった。 (取材・写真:石黒かおる)