週刊NY生活デジタル版です。日本からの対米進出、商品販売、新規事業などを応援しています。詳しくは企業案内、代表者挨拶をご覧ください。
  • 689号発行しました。
  • 今週の紙面まるごと読めます!
  • NYスクールライフ特集2018
  • 今週の紙面はこちら
  • 過去の紙面を読む

主なニュース

慰安婦問題を取り上げ続けるアメリカの韓国人団体 彼らに史実を 曲げさせてはならない

5月13日から20日間、日本を訪問した際に読んだ5月25日の産経新聞に掲載された「ベトナム戦争中、韓国軍による住民虐殺が50年後も隠蔽されている」という一面にわたる記事を読んで唖然とした。アメリカ中で「ホロコーストに匹敵する日本軍の韓国女性に対する暴虐事件」と、慰安婦像を公共の場に建てろと言い回っている韓国系団体が、自国の軍隊が行ったことについては、完全に頬かむりを続けているのである。そして、慰安婦像の碑文に書かれていることが、作為に満ちていて本当に卑劣だと思う。
「日本帝国陸軍に奴隷にされた慰安婦は推定数10万人の、20世紀最大の人身売買の一つです。慰安婦はアジア太平洋の少なくとも13か国の出身で、主に韓国人です。ほとんど第2次大戦中に殺されました。拉致されたのは平均16才の少女たちです」
嘘もここまで平然と書ければ、「真実」と思われてしまう。
「韓国挺身隊問題対策協議会」は、戦後45年も経った1990年代の初めに、「慰安婦問題」解決のために立ち上げられた韓国の民間団体である。ソウルの日本大使館前で毎週行っている「水曜デモ」が1000回を超えた記念に、「慰安婦像」を日本大使館の前に設置した。そして、彼らは日本政府の謝罪や反省や補償が十分でないとの考えから、元慰安婦に対しての日本政府からの償い金や、村山総理からの「お詫びの手紙」の受け取りを拒否させたりした。7月13日の韓国紙「ハンギョレ」新聞によれば、挺対協は被害者の意思を無視したまま日本に対する露骨な嫌がらせをしているのが、問題の解決の妨げになっているとのことである。
日本が「アジア女性基金」を設立して慰安婦問題の解決にむけて努力した1995年、韓国政府は「これまでの被害者の要求がある程度反映された誠意ある措置である」と述べていた。しかし、挺対協の横やりを受けて徐々に態度を曖昧にしていき、韓国政府も最後には「被害者に対して納得する措置を日本政府はとってほしい」と評価を一変させてしまった。韓国政財界に多くの人脈を持ち、国民の支持を得ている挺対協の主張に、政府もマスコミも従うほかなく、妨害工作が幅を利かせている。挺対協は歴史的事実をまったく無視して、一方的に日本を卑しめ、金を取り続けようとする団体と言われても仕方がないような態度をとり続けている。
尹美香(ユン・ミヒン)挺対協代表は1964年10月23日、慶州南道南海郡に生まれた。韓神大学卒業後、梨花女子大学大学院キリスト教学科修了、同大学の社会福祉大学院で修士号を取得。1992年に韓国挺身隊問題対策協議会の発足当時に幹事として参加。ソウルの日本大使館前で毎週行われる水曜デモに参加している。2012年に渡米して、国連人権理事会に日本軍慰安婦問題を取り上げることを要求する要請書を手渡している。1993年に夫と義妹が北朝鮮のスパイとして摘発されている。韓国治安当局は、尹代表の近親者が北朝鮮のスパイであることと、挺対協との活動との関連に注目し、動静を注視しているとのことである。この尹代表の経歴や挺対協の活動が正しい歴史的事実に基づいて行われているとは思えない。尹氏のような反日政治家、反日マスコミによって、「慰安婦問題」は捏造され語り続けられ、日本政府は金をとり続けられるであろう。
韓国政府や反日勢力の有識者たちが歴史的事実に目をつぶっている限り、この問題は日本叩きの道具としてとりつづけられるであろう。「慰安婦問題」は一部の反日政治家、反日マスコミ、挺対協等によって、ますます煽られて、正しい日韓関係の構築に大きな妨害となっていることを非常に残念に思っている。
追記:私の9人の孫のうちの2人は、韓国と日本の孤児院から長女夫婦がもらった韓国人である。二人ともアメリカの大学を卒業し、それぞれ良き伴侶を見つけて結婚 し、2児と3児に恵まれて幸せに暮らしている。私たち夫婦も、この子供たちを分け隔てなく可愛がった。夏休みに泊りがけで訪ねてくるのが楽しみだっ た。毎年一家の写真を貼ったクリスマス・カードを送ってくる。彼らのためにも、日韓にこのように歴史を曲げて波風をたてるようなことが起こるのを、本当に口惜しくも残念に思っている。

ワイルス 蓉子
「ポトマック通信」
編集・発行者

HRM Partners, Inc. 「人事労務管理セミナー」

9/25(火)10:00〜12:00 TKP New York Conference Center (109 W.39 St)
入場無料、要予約、先着60人。
講師は、三ツ木良太(HRM Partners, Inc. プレジデント兼COO)。
「米国における評価・報酬制度の基本」と題して解説。
申し込みは9月21日(金)までに電話929-401-1926またはEメールYTsumuraya@hrm-partners.com(つむらやさん)まで。
「『人事労務管理』と言うと、コンプライアンスやリスク管理を連想される方も多いと思いますが、もう一つの面として、従業員と会社のパフォーマンスを上げるということが挙げられます。経済的には貿易戦争のような不確実要素がある一方、労働市場は堅調に推移しており、優秀な人材を惹きつけて維持していくことは今まで以上に重要になってきています。そのような中、自社に合った評価・報酬制度を導入することは不可欠と言えます。評価・報酬制度は、最低限の法律を守っていれば、各企業のビジネスの特徴・歴史・文化等によって違いがあるのは当然で、必ずしもこうしなければならないというものがあるわけではありません。しかし、従業員のパフォーマンスを最大化するため、様々なリスクを最小化するため、そして人件費予算を効率的に使うために、おさえておいて頂きたいポイントがあります。そこで今回は『米国における評価・報酬制度の基本』と題し、そのようなポイントをいくつか解説させて頂きます」(三ツ木)

●Focusing historical issue from the overseas point of view chapter 15

Audaciously spreading the fabricated story of “Comfort Women”

On August 15 of this year, it will be 73 years since the Pacific War was ended by the unconditional surrender declared by the Japanese government.  When the Japan-China War (so-called Japan-China Icident) had started on July 7, 1937, I was a second-grader in elementary school.  When I was a sixth-grader, the Pacific War had started by attacking the U.S. Pacific Fleet which had anchored at Pearl Harbor, Hawaii by the Japanese Pacific Fleet.  Then, the Japanese Army started to march into such Asian countries as the Philippines, Singapore, Burma, Malaysia, Indonesia and Vietnam. (At that time, those countries were the colonies of the British, France and the U.S.A. ). Soon after, the United States and its allied forces turned together the aim of their attacking to Japan.

I fully experienced all kinds of disaster which were caused by the war.  The air raids by the American bombers every night which caused almost all the Japanese cities to become burnt ruins; the draft of the high-school students to work in the factory or farms since all young men over 17 years were drafted by the military; and unbearable poor living condition by the strict ration of food-stuff, clothing, and daily necessities.  Therefore, I fully understand the disasters and hardship which are caused by the war.  However, when I heard and read about many brutal acts of the Japanese military during the war, some of which are fabricated or exaggerated to justify their allegations, I fully realize that the “silence is not necessarily gold but “oratory” or “make-up-story” are gold to convince the people.  I am not trying to justify the brutal acts of the Japanese military in the many areas of  Asia.  However, I regret very much to observe that some witnesses of the war are still living with the vivid memory of their war experience, and feel deeply regret to observe that some people distort their true experience and observation to their own benefit and gains.

The good examples are the stories of “Comfort Women” and “Nanking Massacre”.  For the honor of my country, I would like to describe in this article the fact of “Comfort Women”.  On June 22, 1965, then Prime Minister Eisaku Sato and then President of Korea Park Chung-hee agreed and “The Peace Treaty between Japan and Korea” was duly signed. During the numerous talks to conclude the Treaty, the Korean Government allegedly insisted that the indemnity payment to the comfort women should not be paid individually, but should be paid to the Korean Government in order to decided the amount of indemnity on the base-by-case basis. Accordingly, the Japanese government to pay gratuitously three hundred million dollars, two hundred million dollars onerously, and three hundred million dollars as civil financing.  In addition, the assets of the Japanese government which were held in the Korean Peninsula and was estimated fifty-three hundred million dollars, were surrendered without any condition.  The Japanese government believed that the indemnity was paid to each Korean comfort women who allegedly insisted that they were forced by the Japanese Government.

It is most incomprehensible allegation that was made by Korean women who appeared publicly at the international arena 60 years after the end of the Pacific War.  They audaciously appeal at such an international arena as the U.N. Humane Rights Committee meetings that they were abducted and forced by the Japanese military to sexually work for Japanese soldiers.  Their appearance at the U.N. Humane Rights Committee was irresponsible act which was arranged by the Korean Government.  However, it seems to be more irresponsible and unjust act is that the U.N. Humane Right Committee, the members of the Committee believe the one-sided story and didn’t elaborate for fact-finding at all.

There are still some living witnesses of the history such as myself.  The Japanese Government paid two hundred million dollars twice to the Korean Government for the remuneration for the alleged comfort women and then Prime Minister Tomiichi Murayama and the Cabinet Secretary Taro Kohno sent a letter of apology to the former comfort women through the Korean Government.  Yet, the former Korean comfort women insisted that they received neither remuneration nor a letter of apology.

If you don’t know the historical facts of both Japan and Korea where the social status of women was much lower than that of men, and the licensed prostitution was officially approved.  As a human being, you should know better about this historical fact, otherwise you cannot talk about the comfort women.

Yoko Wiles
Publisher, Potomac Newsletter

第15回「ニューヨーク茨城県人会」懇親会

9/14(金)18:30 新橋レストラン(7 E.48th St) Tel:212-813-1009  http://shinbashinyc.com/
参加費:30ドル(食事とソフトドリンク、税・チップ込み、アルコールは別途)
12歳未満は無料。
茨城県にゆかりのある人は誰でも歓迎。
申し込み・問い合わせはEメールnyibaraki@gmail.com (事務局:株式会社常陽銀行ニューヨーク駐在員事務所、担当:飯塚さん)まで。

JASSIファンドレージングセミナー第13回「美しい姿勢と健康的な歩き方を学びませんか?」

9/7(金)18:30〜20:00 WeWork Grand Central(450 Lexington Ave. 4Fl, 入口は45th St側) 
参加費:$20
先着25人。ウォーキングは健康に良いと言われているが、正しい姿勢や正しい歩き方をご存知?老若男女を問わずにいつからでも始められる美しく健康的なウォーキングについて実践を交えて専門家がわかりやすく説明。
講師は梶まゆさん(NY Style Walker主宰)。
日米ソーシャルサービス(JASSI)の資金調達イベント。申し込みはEメールjassinyevent@gmail.comから。

クイックUSA「プロから学ぶスキルアップセミナー第126回 エクセル初級クラス」

9/5、9/12、9/19、10/3(水)18:00〜19:30  Villagewell LLC(228 45th St. 7Fl)
参加費:各$35(全4回受講で$120、パソコン借用の場合は別途$10)先着6人。表、グラフ、スモールビジネス収支計算書の作成を学ぶ。
問い合わせはTel:212-692-0850、Eメールquick@919usa.com(担当:こもだ久美子さん) まで。
クイックUSAでは、様々な分野の専門家と共同で「スキルアップセミナー」を開催。セミナーを通じて、パソコンや語学力などのスキルを向上していただくことによりアメリカでの仕事探しや就労がより円滑に進むようサポート。
マイクロソフトのエクセルは職場で欠かせないソフトウェアの一つ。エクセルの機能は数多くあり、すべての機能を理解するためには時間がかかります。本コースではエクセルの機能の中で、これだけは覚えておきたいという基本機能や操作方法をステップバイステップで学ぶ。クラスは少人数制でアットホームな雰囲気の中、パソコンを使用しながら実習するので、楽しみながら自然と技術が身につく。
講師はニューヨークで長年に渡りパソコン教室を開催しているVillagewell LLCの村井功氏。
■1回目 9月5日(水) エクセル基本操作
■2回目 9月12日(水) 表作成
■3回目 9月19日(水) グラフ作成
■4回目 10月3日(水) スモールビジネス収支計算書

1 2 3 250 »
週刊NY生活TVはこちら! 週刊NY生活公式Linkedin
コラムニストのブログリンク
くろすとしゆきさん
「Senri Oe の月刊NY音楽生活!」
「小田裕一郎の音ネタ日記」
小田裕一郎さん
>>ODA STUDIO's posterous
「横尾忠則 GOOD DAYS」
横尾忠則さん
>>横尾忠則の日記
「週刊NY生活」発行人
トミー富田さん
>>トミー富田ドットコム

過去の記事を検索

ニューヨーク旅行サイト
ホテル予約サイト
このサイトについて
代表者挨拶
週刊NY生活について
「週刊NY生活」設置先
お問い合わせ
ニュース・情報提供は
広告のお問い合わせ
リンク集
NY領事館からのお知らせ
免責事項