クイックUSAアメリカの人事部コラム(22)

ポストコロナで、海外での新入社員研修はどのように変わるのか?

 新しく入ってきた新入社員を、対面でしっかりみっちり研修する時代は去ったのでしょうか? すぐにコロナ後の研修を結論付ける前に、まず、人材研修に影響を与えてきた、歴史上の働き方の変遷を振り返ってみましょう。

1900年代 – 産業革命でOJTが生まれる

1940年代 – 工場における生産性向上のための労働者向けトレーニングが始まる

1960年代 – 公民権運動によってリーダーシップと自己啓発に焦点があてられる

1980年代- IT 革命、初期のコンピューターベースの研修が始まる。

1990年代 – インターネット革命、インタラクティブなPC上のラーニングが可能になる。

2010年代– 携帯電話、アプリとSNSの流行。Eラーニングが手軽にどこででも受けられるようになる。

2020年-コロナ勃発

www.Trainingindustry.com より)  

 この変遷を見てもわかるように、職場の変化はおのずとテクノロジーの変化に沿っています。便利になるわけですから、テクノロジーを使わない企業は「遅れている」「生産性が低い」とみなされてしまいます。  

 研修の歴史も同じこと。現在、米企業の多くはセルフペースのオンライン研修を人材開発の上で絶対に外せない要素として位置づけ、オンラインと対面の研修をミックスして人材を開発する方法を向上させています。新人研修も、内容によっては9割のオンラインと1割の対面研修というように、内容によって2つの性格の異なる研修をうまく組み合わせ、特にそのあとのフォローアップに時間を割くことに要点を置いています。  

・新入社員への、入社時の各種書類の対面による説明

・新人を前にしての企業の沿革や歴史、製品などの対面研修

・社員の表情を見ながら理解を促す実務のOJT

 上記のような密着した説明やトレーニングをうまくオンライン化に移行させるための要点はたった一つ。「対応する全ての人に理解してもらいたい均一情報部分と、その個人が更に知りたい情報部分(質疑応答など)を分ける」。そして、全ての人への均一情報はセルフペースのオンライン研修を受講してもらい、そのあとに対面研修を実施して、その人の感想や質問に対応します。    

(今泉江利子Waterview Consulting Group, Inc. CEO)

www.919usa.com

クイックUSAアメリカの人事部コラム(23)

従業員からの訴訟が多い州ワースト10は?

 保険会社HISCOXが2017年発表した従業員からの訴訟ガイド(

https://www.hiscox.com/documents/2017-Hiscox-Guide-to-Employee-Lawsuits.pdf

)によると従業員からの訴訟が多い州は、第1位ワシントンDC(81%)、2位ネバダ州・デラウエア州(55%)、4位ニューメキシコ州(50%)、5位カリフォルニア州(46%)、6位ミシシッピ州(43%)、7位アラバマ州(39%)、8位イリノイ州(35%)、9位ジョージア州・コネチカット州(19%)。

 この数字は2016年平均で10.6%の企業で従業員からの訴訟が起こっているなか、平均よりも訴訟の数が多い企業数の割合いを計算した数字だ。2014年の調査ではカリフォルニア州が最も多かったが、カリフォルニア州の数が変わらない中、他州が増えた形である。  

 EEOC(Equal Employment Opportunity Commission:雇用機会均等委員会)の調査によると、最も訴えが多かった内容はRetaliation(報復) 45.9%。この報復とは、例えば差別を受けていると会社に不満を申し出た時に会社から逆に無視されたり、希望しない異動をさせられたり、減給、降格、あるいは解雇という「報復」を受けた場合のことである。続いてRace(人種差別)が35.3%。そして性差別が29.4%と続いている。  

 もし従業員から訴訟を受けた場合のコストはどのようなものがあるだろうか?

この調査によると、(1)ケースが解決するまでの日数:平均で318日、(2)弁護や示談で金銭を支払う割合 :24%、(3)弁護や示談で支払う金額:平均16万ドル、(4)保険会社を利用して弁護や示談金を支払っていないケース:76%、となっている。

 企業側が法律を犯しているケースでは保険会社も支払が行われないケースが多くある。例えば、各州の法律で注意すべき点は、E-Verifyの利用、Credit Checkによる人事決定、妊娠・出産の雇用者が図るべき便宜、採用時の過去の犯罪履歴質問禁止、等の法律違反により問題が起こるケースが多くなっているということだ。  

 E-Verifyはオファーを行う前に利用したり、結果によって人種、出身国による差別をしたり、既に雇用した従業員を再度E-Verifyにかけたり、E-VerifyがPendingになったことで解雇したりした場合に訴訟になっているようだ。Credit Checkはオファーを出す前にCreditチェックを行ったり、Credit チェックと関係ない仕事の場合に採用しなかったりした場合が考えられる。妊娠・出産は適用すべき合理的便宜が行われなかったり、あるいは義務づけられている休暇が与えられなかったり、また妊娠・出産を理由に解雇をしたりすることが訴訟の原因となっている。  

 採用時はアプリケーションの段階で過去の犯罪履歴を質問できない州が増えているが、アプリケーションで質問を行っているケースが訴訟になっている。その他、最近注目した訴訟事例を下記のリンクでも紹介をしている。    

最近の注目訴訟事例

【訴訟】DHL Flyaway Express 配送ドライバー集団訴訟  

https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12620090698.html

【訴訟】日本食レストラン 約5億5千万円の罰金を約2億7千万円の支払で示談  

https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12617494623.html

※ その他の訴訟事例はブログ(https://ameblo.jp/angelmarketing/)にてご覧ください。

PAGAのケース検索

▼検索 PAGAクレームの数 弁護士事務所ランキング

https://www.cabia.org/paga-summary/

▼個別のケース検索

https://cadir.secure.force.com/PagaSearch/

COVID-19の中、企業側を訴訟する弁護士事務所の広告もfacebook等で頻繁に流れている。訴訟を未然に防げるように我々も情報提供を行っていきたい。引き続き皆様の安全と健康、そして、可能な限りのビジネスの再興をお祈りしております。  

山口 憲和 Philosophy LLC 代表)

http://www919usa.com

赤オレンジのクイーンズ2地区  感染改善イエローに規制緩和

21日、クオモNY州知事からクラスターゾーンがアップデートされた地図が発表され、同日から新しいゾーン(レッド・オレンジ・イエロー)のもと規制されている。それによるとクイーンズの2エリアのクラスターは改善が見られたためレッドとオレンジのゾーンがなくなりイエローのみとなった。ブルックリン南部はオレンジゾーンがイエローゾーンに加わりクラスター中心部のレッドゾーン以外は全てイエローゾーンになった。■イエローゾーン(クラスターから1.5〜2マイル内)。礼拝所:定員の50%以内のキャパシティ。集会:室内、屋内で最大25人まで。ビジネス:通常営業。ダイニング:インドア&アウトドア・ダイニング。一つのテーブルに最大4人まで学校:生徒、教師、職員に週ごとのウイルス検査を実施、DOHは毎週金曜までに感染率の集計を行う。*集会のルールを破ったものには最大1万5000ドルの罰金を課す。

編集後記 10月24日号



 みなさん、こんにちは。今週号の書籍面10面で掲載したフェイダーちえさんの書評が読み応えがあります。加藤陽子著の『それでも日本人は「戦争」を選んだ』(朝日出版)です。膨大な犠牲と反省を重ねながら、明治以来4つの対外戦争を戦った日本。指導者、軍人、官僚、そして一般市民は、それぞれに国家の未来を思い、なお参戦やむなしの判断を下しました。その論理を支えたものはなんだったのか。鋭い質疑応答と縦横無尽に繰り出す歴史が行き交う中高生への集中講義を通して、過去の戦争を現実の緊張感の中で生き、考える日本の近現代史です。フェイダーさんは「戦争について考えるのはとても勇気が要る。なぜならいかなる解説をもってしても結末は同じだから。日本は戦争に負けている。2度の原爆投下や沖縄の占領、日本中の都市を焼きつくした空襲による多大な犠牲を払いながら、未だ世界中から戦争責任を問われている。終戦からもう75年が経ち、戦争の記憶も薄れてしまっているが、忘れることはできない。なぜなら忘れてはいけないから。人類の負の遺産として引き継いでいかなければならないからと考える」と述べています。そして「2001年9月11日に起こった米同時多発テロが「かつてなかった戦争(war like no other)」と言われたことと、1937(昭和12)年7月7日の北京郊外の盧溝橋で起こった日中の軍事衝突が瞬く間に全面戦争へと拡大したことにみる、悪者を懲らしめる「報償」または「一種の討匪戦」という戦争の形を掘り起こし、時代も背景も異なる歴史的事象に共通する、戦争へ至る危うい感覚に気づかせる」と書いています。私は、この書評のタイトルに『「悪を倒す」は危険』とつけました。「悪を倒す」という理由は戦争を正当化するので危険という意味です。同時多発テロを起こしたイスラム過激派やISISなど「テロリストと話し合いはできない。掃討あるのみ」と「悪の討伐戦争」に突入した米軍や連合軍ですが、戦う相手から見たら、きっとこっちが悪なんでしょうね。戦争中、鬼畜米英などと言って戦っていた日本が敗戦でコロっとアメリカファンになってしまう。勝てば官軍、負ければ賊軍となるのは歴史の理(ことわり)。どこの戦争でも戦後は常に勝者の論理が敗者の言い分を封印します。原爆投下だって、ノーモアヒロシマナガサキの後にくる常套の謳い文句、「2度と繰り返しません人類の過ちは。。」ではなく、あれは単にアメリカの過ちです。あんなもん2度も落とさなくても戦争は終わらすことはできたはず。ひどいじゃない、と言っても武力で正義を勝ち取る国の論理には通用しません。だから、たとえ悪の征伐であっても戦争はいけないですね。「戦争も外交手段の一つだ」なんていうタカ派の言葉が出てきたとしてももうその気にはなりません。今は、それより人類はコロナという目に見えない不気味な敵と戦っています。こっちの戦争だけは人類が力を合わせて勝たないとなりません。たぶんそれには誰も異論はないのではないでしょうか。それでは、みなさんよい週末を。(「週刊NY生活」発行人兼CEO三浦良一)

【今週の紙面の主なニュース】(2020年10月24日号)

(1)日本人被害相次ぐ 1面
(2)日本の春夏秋冬  1面
(3)生き生きEATS           2面
(4)野外飲食の防寒対策 4面
(5)風の環コンサート仙台 7面
(6)能「井筒」の世界   7面
(7)シニアに向け日本演芸 7面
(8)米最長のジェットコースター  9面
(9)ブルックリンTシャツ     9面
(10)海外取材で現場主義     1面

日本人被害相次ぐ

地下鉄や路上犯罪で暴行や強奪

 ニューヨークで在留邦人の犯罪被害が相次いで起こっている。10月5日夕方、マンハッタンのブロードウエー34丁目と35丁目の間、通称コリアタウンと呼ばれる繁華街の路上で、歩道を歩いていた日本人女性が、何者かに急に背後から強く押されて転倒し、複数人から上着の内ポケットを探られ、貴重品を強奪される事件が発生した。ニューヨーク日本総領事館によると、被害者は軽傷で済んだが病院に運ばれ、また後から自分の銀行口座を確認したところ、ATM(自動現金預払機)で現金が引き出されていたという。ニューヨークではさる9月27日(日)夕方にもニューヨーク在住の日本人ピアニストがハーレム135丁目の地下鉄B線とE線が通過する駅構内で、改札で男女8人組から通せんぼされ、改札を通ったところ女性から「ぶつかった」と因縁をつけられ、グループから殴られるなどの暴行を受けて病院に搬送されている(本紙10月10日号既報)。

 ニューヨーク市警察(NYPD)によると、今年、マンハッタン南部パトロール地区(セントラルパーク以南)では10月11日現在で強盗事件が913件発生している。これはコロナ禍で経済閉鎖されていた影響等で昨年同期よりも約4%の減少したが、直近の1か月間ではむしろ約14%の増加となっている。またコリアタウンを含むミッドタウンの商業地域では従来から観光客を狙うスリや強盗事件が多く発生している。

 なお暴力犯罪や拳銃発砲事件はニューヨーク市内各地で発生しており、ニューヨーク市では犯罪マップ(https://www.ny.us.emb-japan.go.jp/jp/j5/index.html)を公表している。総領事館では「このような情報も参考にしながら犯罪率の高い地域に外出する必要がある際には十分に警戒をしてほしい。事件が発生した場合には現場付近には近づかないようにする、夜間の外出や人通りの少ない道は避ける、不審な人物には近づかないなど安全を確保するように」と呼びかけている。 

フライパン一つで作るゆず風味のテリヤキチキン

プロに聞く、生き生きEATS(イーツ)

元気と美味しいを求めて料理の達人が腕を振るう (7)

 フレンチの技術を使った和食フュージョン料理レストラン「MIFUNE」。日本が世界に誇る俳優、三船敏郎にちなんで付けられた店名には、三船がスクリーンを通じて世界中の観客を魅了したように、若手日本人シェフが新しい日本料理と共に世界へ羽ばたく願いが込められている。今号ではその「MIFUNE」でエグゼクティブシェフを務める島野さんがフライパン一つで出来る「ゆず風味の照り焼きチキン」を紹介する。

 「今回の料理はフライパン一つで作れて、材料の旨味や香りを残してソースに移すというフランス料理の技法を使いました。 料理が得意ではない人や、忙しくてじっくり料理する時間が無い人にもおすすめです」と語る島野さん。今でこそ営業再開して店内とパティオ席での飲食や、金曜日限定の特別テイクアウトメニューが楽しめる「MIFUNE」だが、外出規制された3月から4月にかけては完全クローズしていた。その間、料理人として何かしたいと思った島野さんは徹夜で特製サンドイッチを50食作り、マウントサイナイ病院の医療スタッフに届けた。そんな熱いシェフが伝授する熱々テリヤキチキンを作ってみよう!

島野 雄さん

 日本で7年、フランスで8年フランス料理を学ぶ。パリの3ツ星レストラン「GuySavoy」で日本人初のメインディッシュとソースのシェフを任される。その後ニューヨークへ渡り、「MIFUNE New York」でエグゼクティブシェフを務める。

https://mifune-restaurant.com/


材料(2人前)

チキンもも肉4切れ

冷蔵庫にある野菜(今回はミニジャガイモ、いんげん、マッシュルーム、スキャリオン、ミニにんじん、しょうが、たまねぎ)

テリヤキゆずソース=みりん、さけ、ゆずジュース(なければレモン汁)、砂糖各40グラム、濃口醤油20グラム


作り方

①玉ねぎはみじん切り、スキャリオンは緑の部分だけ輪切り、生姜は千切り、マッシュルーム、人参は薄切りにしてサラダ仕立てにするように水にさらしておく(以上は仕上げ用野菜)

②フライパンを強火で熱々に温めて油をひく。直前に両面に塩を振った鶏を皮目から焼く。鶏を置いたら火を弱火にして2分焼き、①で残った人参、マッシュルームと一緒に他の野菜も全部フライパンの空いているスペースに置く。

③弱火で焼いていると野菜がほんのり焼き色がついてくるので裏返し、両面に色がついたら取り出す。鶏の皮がパリパリになり、7割くらい火が通ったら鶏も取り出してフライパンに残った油をキッチンペーパーで軽く拭き取る。

④フライパンを少し温め、前もって混ぜておいたテリヤキゆずソースを入れる。沸騰したら弱火にして鶏の皮目を上にして入れ、2分経ったら野菜を加え、30秒したら出来上がり。

⑤お皿に盛りつけ、①の仕上げ用野菜をあしらい、最後にソースをかける。ソースが煮詰まり過ぎたら水を少し足す。

「大内宿の秋」

久保修ワールド2020
春夏秋冬 FEEL JAPAN NOW

「大内宿の秋」

 福島県の「大内宿(おおうちじゅく)」は、「下野街道と呼ばれた会津と日光を結ぶ街道で、江戸へ向かう大名や旅人の宿駅として重要な役割を果たし栄えたそうです。30軒以上のかやぶき屋根の民家が幅広い道の両脇に並ぶ様子は珍しく、情緒あふれる景観は人気の観光スポットのひとつとなっています。

 大半が江戸時代からの建物で、古いのでは400年にもなるそうで、家並を見ながら歩いていると、まるで江戸時代にタイムスリップしたかのような錯覚になります。道の両脇には山からの清らかな自然水が流れていて、水に手を入れると冷たく秋空の新鮮な空気もあいまって身も心も癒されます。名物の「ねぎ蕎麦」はぜひ食べていただきたい。その食べ方だが、太い一本の白ねぎを箸代わりにして先端で蕎麦をたぐり寄せるようにして、そばをすくって食べ、口に入れたらそのままねぎをかじり、薬味として一緒に食べるという面白いものだ。歴史を重ねてきた家の内部や囲炉裏端から眺める外の紅葉の色とりどりの木々に包まれる素晴らしい景色を鑑賞することが出来て大内宿を満喫。

 (くぼ・しゅう/切り絵画家、東京都在住)

風の環コンサート仙台で

NYの風届け

11月5日ライブ配信

 今年で第13回目となる風の環コンサートが初めてニューヨークを離れ、11月5日(木)午後7時から宮城県仙台市の仙台銀行ホール・イズミティ21小ホールで開催される。出演はニューヨークから田村麻子さん(ソプラノ)、門間信樹さん(バリトン)と、バイオリンの大曲翔さん率いる風の環室内アンサンブル。特別参加は仙台出身でボストン在住の作曲家・ピアニストの秩父英里さん、東北大学男声合唱団OB有志のほか、風の環少年少女合唱団がビデオ出演する。コンサートはNYを舞台にした親しみのある音楽をメインに演奏し、日本国内のほかアメリカやスペインにもライブ配信される。入場料の一部はNYの医療従事者や高齢者施設などの支援活動を行うNYライオンズクラブに届けられる。

 ニューヨークのNPO法人「9・11風の環メモリアルコンサート」と日系混声合唱団ジャパン・コーラル・ハーモニー「とも」は2001年の米同時多発テロの犠牲者を追悼するコンサートを毎年9月に開催してきた。2011年からは東日本大震災の犠牲者追悼・被災地支援を併せてチャリティコンサートを行っている。今年は新型コロナウイルスの感染拡大によりNYでの開催が事実上不可能なため、仙台市に拠点を持つハポン・ハセクラ後援会との共催により「ニューヨークの風」と題してコンサートを開催する。入場料は3000円。問い合わせはEメール info@japon-hasekura.com まで。有料でのリモートライブ配信予定。チケット・詳細はウェブサイト https://circlewind.peatix.com/ を参照。

コロナ禍の野外飲食、冬季営業の防寒対策

 シカゴ市は8日、コロナ禍での屋外飲食の冬季営業において防寒対策のアイデアを発表した。BMOハリス銀行とイリノイ・レストラン協会、デザイン会社IDEOと共催したイベント「シカゴ・ウインター・ダイニング・チャレンジ」での優秀者を発表したもので、厳寒のニューヨークでも応用できそうだ。

 ジェトロ・シカゴ事務所の調べによると、新型コロナウイルスの感染を予防するため、現在米国の飲食業界は屋外営業が主要となるなか、シカゴはこれから冬季を迎えるにあたり屋外での飲食が困難になる。これに対しシカゴ市が中心となって今回のイベントを企画し、レストランやバーの冬季屋外営業の防寒対策について創造的なアイデアを募集した。8月25日から9月7日までの募集期間には米国外からの提案も含め、合計643件の応募があった。ロリ・ライトフット市長は「イリノイ・レストラン協会と受賞者の卓越した創造性のおかげで、冬季の飲食店の営業継続を可能とするだけでなく、シカゴ市の革新的な精神も示すことができる」と述べた。

 今回受賞した3つの優秀アイデアとその特徴は次の通り。優秀賞としてそれぞれ5000ドルが授与される。

1 Cozy Cabins(居心地の良い小屋):車1台分の駐車スペースと同じ大きさの小屋型簡易ユニット。駐車場に隣接して設置することが可能=写真=。

2 Block Party(ブロック型スペース):コンパクトなブロックの内側に座席を配置。屋外の設置場所に応じてブロックをさまざまに組み合わせ、配置することが可能。

3 Heated Tables(こたつ):日本のこたつをヒントにしたもので、アウトドアで使用できるように改良されている。

 イリノイ・レストラン協会はこれらのアイデアの実験的な導入に向けて取り組む予定。詳細はジェトロ・ビジネス短信www.jetro.go.jp/biznews/2020/10/6ae61ca4402b87b1.htmlを参照。

「井筒」の世界

能ソサエティー、30日にオンライン配信

 日本伝統芸能を日本国内外で紹介する能ソサエティー(田中ブテイエ節子代表)は30日(金)午後8時から、第2回オンラインシリーズを開催する。当日は「永遠の恋 │ 能『井筒』を解く」と題し、 能楽観世流シテ方の味方玄(みかた・しずか)氏が「伊勢物語」二十三段を題材にした世阿弥の名作、能「井筒」の世界を紹介する。「井筒」の曲に隠されたコンセプトを紐解きながら、秋の月下で起こる美しい恋慕の物語を演者としての視点と舞台での経験から語る。京都の自宅にある能舞台から「井筒」の舞の実演と質疑応答も行う。味方氏は国内外で活躍するだけでなく能の現代性と伝統の自然な融合を求めた「テアトル・ノウ」を主宰、サロン開催や出版物も多く、幅広い観客へ向けた能楽普及活動にも尽力している。

 受講料は無料だが事前登録を推奨。参加申し込みはウェブサイトhttps://nohsocietywebinar2.eventbrite.comから。詳細はウェブサイトwww.nohsociety.orgを参照。

(写真)能「井筒」撮影・渡辺真也

全米シニアにむけて日本演芸を配信

 ニューヨークを拠点にアーティストへの支援活動を行う非営利団体キャッチ・アス・パフォーミングアーツ(CUPA)主催の、ズームを使ったオンラインイベント「全米シニアのためのオンライン日本演芸シリーズ」が、25日(日)からスタートする。

 全米の日系人シニアを対象に、日本演芸をテーマに集めたアーティストを3回に分けて紹介する。今月25日は午後7時30分から9時まで、質疑応答も行われる。第2回は11月17日(火)、第3回は12月17日(木)に開催。出演は柳家東三楼(落語)、ざぶとん亭龍二(落語)、三宅由利子(日本舞踊)の3人。視聴は任意寄付制(推奨20ドル)。申し込みはオンラインサイトwww.eventbrite.com/e/124954392953から。詳細はhttp://catchus.org

(写真左から柳家東三楼、ざぶとん亭龍二、三宅由利子)