代表者挨拶

世界の文化の交差点から

 

発行人兼CEO

三浦 良一 Ryoichi Miura

「週刊NY生活」は、ニューヨークで発行する週刊邦字紙で、米国に住む20代後半から50代の日本人ファミリーを主な対象とし、教育、就労ビザ、社会問題、文化、経済、その他アメリカで生活するうえで必要な情報をすべて独自取材で構成し伝えていこうという主旨で2004年1月に創刊しました。家族全員で安心して読める内容の「新聞」を目指すと同時に、ローカル経済面などでも進出日本企業のビジネスの動向やアメリカ経済のニュースを伝えながらビジネスマンにとっても有益な紙面づくりを心掛けています。
特に近年は、日本の地方都市からの海外進出気運の高まりを感じております。本紙は米国で現地印刷されている日本経済新聞国際版や、朝日新聞国際版にも折り込まれて配達されております。独自取材独自編集により、著作権をすべて弊社で持っているため、他社のフリー紙とは異なり、オンラインで見ていただくデジタル版(www.nyseikatsu.com)は、紙面と同じレイアウトで世界同時に閲覧することが可能です。毎週1ページお届けしている英語版も、翻訳と、ニューヨーカーの生の声を反映するエッセイが好評で日本に興味を持つニューヨーク市民に愛読されています。そんな他の地元フリー紙にはない特性を生かして、対米進出する日本企業の皆様や、アメリカ生活をエンジョイするご家族、学生の皆様にさらに愛される紙面をお届けして参りたいと考えております。
ニューヨークは、美術、ミュージカル、オペラ、大リーグなど世界でも最も優れた文化芸術が集まる街です。この世界の文化の交差点からこれからも見て楽しく読んで役に立つ情報を発信して参ります。

 

①出生地: 北海道釧路市出身
②学歴: 青山学院大学経済学部卒
③職歴: 1980年〜1985年ロサンゼルスの経済新聞社記者
1985年〜2003年日本の大手新聞社米国現地版編集部記者/デスク
2004年1月より現職
④NYに来たきっかけ: 日本の大手新聞米国現地版発行に伴う転籍
⑤座右の銘: フェアな視点を忘れないこと

 

 

NYで日米間の企業と人の「ハブ」になる

 

社長兼COO

久松 茂 Shigeru Hisamatsu

米国で生活する日本人の皆さまに役立つ情報を日本語で提供し、安心して生活していただこうと、弊社は日本語無料紙「週刊NY生活」を2004年1月から発行してきました。実際に米国で暮らす方から、「生活のサポートとして有益」との声をいただくのみならず、紙面を丸ごと掲載のデジタル版は「ガイドブックには載っていない今のニューヨーク」が分かると、日本にお住まいの方からも広くご支持頂くようになりました。
20年以上ニューヨークで日系メディアに携わり、ニューヨークの移り変わりを目の当たりにしてきた視点と、今まで培ってきた各方面の方々とのご縁をフルに活用し、情報を発信するメディアとしての役割に加え、ニューヨークでの事業展開を考えている方へのサポート事業も始めました。制作物、PR、イベント企画や運営を通し、米国で事業をする企業、生活をする人々、そしてこれから新しく日本から進出する企業、新しく生活を始めようとしている人々を上手く繋ぐ「ハブ」となります。メディアである我々の元に集まる情報やコネクションを生かし、ただ一方的に情報を発信するだけでなく、相互に繋いでいくことで、輪ができ、その輪が大きく回りだすと確信しています。企業の皆さまの事業のご成功と、人々が心豊かに暮らせる生活環境づくりを全力でお手伝いしていきます。

 

①出生地: 大阪府大阪市
②学歴: 法政大学社会学部(専攻:マスメディア論)
③職歴: 1990年~1993年大手日系人材会社で営業(※NY駐在)
1993年~2003年大手日系新聞会社米国法人(NY)で営業
2004年1月より現職
④NYに来たきっかけ: 企業派遣
⑤座右の銘: 日々感謝 草魂