ENGLISH INFORMATION HERE
No.499・2014年7月26日
「週刊NY生活」の紙面がそのまんま
オンラインでご覧いただけます。
 


ローカルスクランブル Brooklyn 【13面・ローカル・7/26/2014号】
ローカルスクランブル Brooklyn
メメント・モリ(死を記憶せよ)病理解剖学博物館が新装オープン Morbid Anatomy Museum
Meet the Brooklynite人 フォトグラファー 宮地祥平さん 都会の光と陰を写真で表現したい
食べ歩き 本場テキサス発BBQ モーガンズ・バーベキュー
モーガンズ・バーベキュー
 >>全文を読む


Oビザ申請者受難 米大使館で面接却下相次ぐ 
【1面・総合・7/26/2014号】

科学、芸術、教育、ビジネス、またはスポーツの分野で「卓越した能力を有する者」に発給されるO-1ビザの在外米国大使館での面接の審査が厳しくなり、面接で却下され、米国に再入国できずに日本や第3国で足止めを食うケースがこの半年間で相次いでいることが分かった。 >>全文を読む


ドラえもん米国初進出 NY日本総領事公邸でお披露目 ディズニーXDで全米放送を開始 
【1面・総合・7/26/2014号】

日本の人気アニメ「ドラえもん」が7日からディズニーXDを通じて全米テレビ放送された。アジア、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、中東など世界40か国ですでに放送されている日本を代表するビッグキャラクターの満を持しての北米初進出。 (Photo:三浦良一) >>全文を読む


兵藤ゆきのおじゃましま〜ッす!すっかり大人の女性なのにいつまでもキュートな真子ちゃん登場 女優・歌手 石野真子さん 
【3面・総合・7/26/2014号】

1977年1月、日本テレビ「スター誕生」に合格し、1978年3月、「狼なんか怖くない」で歌手デビューした石野真子ちゃん。 >>全文を読む


オレゴン州から缶ワイン イエス、ウィー・缶! 
【4面・総合・7/26/2014号】

野外パーティーの季節、ドリンクに缶ワインを加えてはいかが。オレゴン州のユニオン・ワイン社が缶ワイン「アンダーウッド」を全米13州で発売開始した。 >>全文を読む


セイコーが直営店 マジソン街52丁目に開店 
【4面・総合・7/26/2014号】

セイコー・コーポレーション・オブ・アメリカ(本社ニュージャージー州マーワー、河田芳克社長)は17日、マンハッタンのマジソン街52丁目に同社の高級腕時計「セイコー・アストロン」と「グランド・セイコー」を主軸とする店舗「セイコー・ブティック」(ジェームズ・ツーリー店長、マジソン街510番地、電話212・355・3718)を開店した。 >>全文を読む


ネット募金、老舗書店救う セントマークスブック イーストビレッジで新装開店 設計は日本人建築家 
【5面・総合・7/26/2014号】

37年続く老舗・独立系書店「セント・マークス・ブックショップ」が前店舗と同じイーストビレッジ(東3丁目136番地、アベニューAと1番街の間)に移転し、19日新装開店した。 >>全文を読む


ジンギスカンうまい!北海道ゆかりの会 
【16面・総合・7/26/2014号】

北海道ゆかりの会(竹田勝男代表幹事)は19日、ブルックリンのプロスペクトパークで恒例のジンギスカンバーベキュー大会を開催した。 >>全文を読む


食EAT コウケツ氏の新しい店へ General Assembly 
【17面・総合・7/26/2014号】

マジソン・スクエア・ガーデンの東に開店したビストロスタイルのレストラン。日系4世の気鋭シェフ、クレイグ・コウケツ氏がエグゼクティブシェフを務め、ローカルの新鮮な食材と季節感にこだわる料理を提供する。 >>全文を読む


NY生活ウーマン NY市公園レクリエーション局天然資源課職員 島田 智里さん NYの都市緑化と災害対策 
【19面・NY生活ウーマン・7/26/2014号】

ニューヨーク市公園レクリエーション局は、市内1000か所の公園、550の公営テニスコート、66か所の市民プール、48のレクリエーションセンター、14マイルにわたる海岸線を持つ市営ビーチを運営管理している。 (Photo:三浦良一) >>全文を読む


シネマ映写室 MOVIE A Most Wanted Man スパイがスパイを裏切るとき 
【30面・文化・芸能・7/26/2014号】

スパイ小説で知られるイギリス作家ジョン・ル・カレの同名小説の映画化。彼の作品は「The Spy Who Came in from the Cold」(邦題:寒い国から帰ったスパイ)、「Tinker, Tailor, Soldier, Spy」(同:裏切りのサーカス)などすでに7作品が映画化されており本作では欧米の諜報機関の激突がスリル満点に描かれる。 (Photo:Kerry Brown/Roadside Attractions) >>全文を読む