乳がんシンポオンラインで

BCネットワーク主催
4月11日2PMライブ

 乳がんに関する最新情報や早期発見の啓蒙活動を行う非営利団体のBCネットワークが、ニューヨーク日系人会を会場に4月11日に開催を予定していた第13回「日本人乳がんシンポジウム@NYC」は、コロナウィルスの感染拡大予防対策として会場での開催を中止し、インターネットによるライブ配信にて開催することとなった。

 開催は4月11日(土)午後2時(東部時間)から。視聴はZoom Meetingサイト内で行う。URLは https://scranton.zoom.us/j/478068424で、ミーティングID「478 068 424」を記入して参加する。視聴方法はウェブサイト(http://bcnetwork.org/)から確認できる。問い合わせはEメール bcnetwork01@gmail.comまで。

 当日は「乳がんと婦人科系疾患:患者のパワーが治療を変える」をテーマに、テキサス大学MDアンダーソンがんセンター・腫瘍内科の上野直人教授が「患者のパワーが治療を変える」「最新の転移再発乳がんの治療法」と題した講演を、コロンビア大学病院・婦人科の常盤真琴准教授がニューヨークで婦人科検診へ行くための手引きを説明する。さらに、アスパイア・インテリジェンス/ブレークスルー・スピーキング代表のリップシャッツ信元夏代史をサバイバー講師にむかえ、「あなただけのストーリーを語ろう」と題した講演を行う。司会は久下香織子キャスター。

 視聴は無料。視聴方法などの詳細はウェブサイト http://bcnetwork.org を参照。問い合せはEメール office@bcnetwork.org まで。

(写真:左から、久下香織子さん、リップシャツ信元さん、常盤真琴准教授、上野直人教授)