第2回定期チャリティー公演 ともに虹を探そう

12月2日(日)夕、ウエストサイドで

 ジャパン・コーラル・ハーモニー「とも」(JCH)は12月2日(日)午後6時、アッパー・ウエストサイドのグッド・シェパード・プレスビタリアン教会(西66丁目152番地)で第2回チャリティー定期演奏会「共に虹を探そう」を開催する。NPO法人9・11風の環メモリアルコンサート(白田正樹代表)共同主催。
 JCHは風の環メモリアルコンサートで11年間ホスト合唱団を務めているが、定期演奏会は今回が2度目。第1幕では、着物姿で日本の歌謡曲やポップスを歌い、日本の心を伝える。第2幕では、混声合唱組曲を、第4幕では、ウエスト・サイド・ストーリーの曲を演奏する。
 第3幕では、風の環少年少女合唱団が出演、バラエティーに富んだ3曲を元気に奏でる。同合唱団は、トゥギャザーフォー3・11、風の環メモリアルコンサート等、今年も多くのチャリティイベントに参加した。
 加えて、バイオリニストの大曲翔(おおまがり・しょう)率いる風の環室内アンサンブルがビバルディ「四季」から「冬」など3曲を、日本クラブ男声合唱団が河島英五の「酒と泪と男と女」を披露する。両団は白田さんの呼び掛けで今年発足した。
 司会は元山形放送キャスターでTVジャパンのキャスター、藤村径子さん。
 入場料は10ドル。事前申し込みはEメールebato23@gmail.com(江波戸さん)まで。 問い合わせはEメールjapan.choral.harmony@gmail.comまで。詳細はウェブサイトhttp://kazenowa911.blog6.fc2.com 、または http://jch-tomo.orgを参照。