OFUKU5

NYチェルシー映画祭2020、ノミネート上映決定

 15日(木)から18日(日)まで、オンライン開催される第8回チェルシー映画祭で、短編映画『OFUKU5-KARATE CATHARSIS-』(監督・脚本:阿久津五代子)がノミネート上映される。同作品は短編映画シリーズ『OFUKU』5作目で、今年は監督・脚本の阿久津五代子(ハセガワエスティ代表取締役)へのインタビューも予定されている。

 同シリーズは江戸時代に明暦の大火で別れた母を探すため、369年生き続け旅を続けているOFUKUが道中で出会う人々に勇気を与えるロードムービー。今回の主人公・吉田は常に周りの空気を読み、自分を隠して他者と同調することが最強の処世術だと思い込んでいる。そんな吉田に苛立つOFUKUが「恐れを吐き出し、自ら一歩を踏み出す勇気」に導くまでの物語。出演は長谷川高士、吉田道広、内海亨斗、佐田淳、田村祐貴、志麻充子、楠本千奈、八木橋聡美。

 チケットはVIPパスが199ドル 、フェスティバルパスは無料(任意寄付制)。問い合わせは電話917・400・9362まで。詳細はウェブサイト https://filmfestplus.com/