週刊NY生活デジタル版です。日本からの対米進出、商品販売、新規事業などを応援しています。詳しくは企業案内、代表者挨拶をご覧ください。
  • 679号発行しました。
  • 今週の紙面まるごと読めます!
  • NYスクールライフ特集2018
  • 今週の紙面はこちら
  • 過去の紙面を読む

主なニュース

シネマ映写室 Wall Street  【30面・文化・芸能・2010/9/25号】
「強欲は善なり」と言い切ったウォール街の寵児ゴードン・ゲッコーが20余年を経て返り咲いた。「Wall Street」(1987年)の続編に当たるが一昨年に始まった金融危機、住宅市場バブル崩壊という実際の出来事があったからこそ生れた物語といえる。  >>全文を読む  Photo : Barry Wetcher


DV2012 抽選永住権概要を発表 【1面・総合・2010/9/18号】
米国務省はこのほど2012年度の抽選永住権(DV2012)の応募要項を発表した。応募期間は2010年10月5日正午から11月3日まで(いずれも米東部時間)。 >>全文を読む

NYファッションウィーク軽快で鮮やか 2011年春夏 【1面・総合・2010/9/18号】
世界4大コレクションの一つ「ニューヨーク・ファッション・ウィーク」が9日から16日まで行われた。BCBGマックスアズリアの2011年春夏は、流行り廃りがなくて肩のこらないスッキリとした多機能な服がテーマ。  >>全文を読む Photo : ワインスタイン今井絹江

NYアート事情②  マティスの挑戦 【3面・総合・2010/9/18号】
「マティス回顧展」から8年、ニューヨーク近代美術館(MoMA)では「マティス:ラディカル・インベンション1913~1917」が開催され、特別な時代のマティスが楽しめる。  >>全文を読む Art : Henri Matisse

加護亜依NYでJAZZ イメージ変える熱唱を披露 【3面・総合・2010/9/18号】
モーニング娘。の元メンバーで、現在はソロ活動をしている加護亜依(22)のジャズ・ライブが9月11日午後、市内11丁目にあるウェブスターホールで行われた。 >>全文を読む

笈田ヨシNY公演 ジャパン・ソサエティーで 【5面・総合・2010/9/18号】
ジャパン・ソサエティー(東47丁目333番地、電話212・715・1258)は10月8日(金)と9日(土)午後7時30分から演劇界の国際的重鎮、パリ在住の笈田(おいだ)ヨシによるコミカルな一人芝居「禅問答」を上演する。  >>全文を読むPhoto © William Irwin

野村仁がNY展 酸素は、永遠の美しきブルー 【17面・総合・2010/9/18号】
ニューヨークのアッパー・イーストサイド、67丁目の五番街とマジソン街の間にあるマッカフレイ・ファイン・アート(東67丁目23番地、電話212・988・2200)で日本を代表する現代美術家のひとり、野村仁(のむら・ひとし)の過去と現在、そして未来を予感させる彫刻、写真、映像、音響作品を展示した個展が9月14日から始まった。  >>全文を読むPhoto : 三浦良一

NY生活ウーマン 古ハープの音色は時空を超えて箜篌ハープ奏者 【21面・NY生活ウーマン・2010/9/18号】
古楽器の箜篌(くご)を「再現」する菅原朋子さん。12歳でアイリッシュ・ハープ、16歳でコンサート・ハープを始めて東京芸術大学を卒業し、ハープ奏者として活動してきた朋子さんは、20年ほど前、正倉院の箜篌をモデルにした楽器に出会った。 >>全文を読むPhoto : 小味かおる

慰霊と鎮魂、想い込め 同時多発テロから9年、平和祈り灯籠流す 【23面・グラフ・2010/9/18号】
ハドソン川のピア40で11日午後6時から、2001年の同時多発テロで亡くなった2982人を慰霊しようと市民や遺族らが集まり、灯籠(とうろう)を流した。ニューヨーク本願寺がテロ翌年の02年から続けている恒例行事で、灯籠作りはニューヨークデボランティアが中心となって開催した。 >>全文を読む

NY映画祭開幕へ 篠田正浩監督12作品も 9月24日から10月10日まで 【32面・総合・2010/9/18号】
48回目となる今年は、14か国から28本の話題の新作がメイン部門でプレミア上映される。オープニングの「The Social Network」、中間ハイライトの「The Tempest」、クロージングの「Hereafter」と重要な上映が全てアメリカ映画となった(詳細はイベントガイド参照)。 >>全文を読む

シネマ映写室The Town 天使を見た銀行破り  【33面・文化・芸能・2010/9/18号】
犯罪小説の人気作家チャック・ホーガンのベストセラー「Prince of Thieves」(邦題・強盗こそ、われらが宿命)の映画化。手馴れた銀行強盗犯のほんのわずかな隙を突いて起こる予想外の出来事。失うものはなにもなかったはずの沈着冷静な男の心に一つの変化が現れる。 >>全文を読む  Photo : Claire Folger

【9月15日2010年付】当館入居ビル前におけるデモの予定について

9月17日(金)午前11時から午後1時の間,当館入居ビル前において,中国漁船の我が国領海侵犯事件に関連した抗議行動(100名規模)が行われる予定です。

当館は通常通り業務を行うこととしておりますが,不測の事態を避けるため,可能な限り同時間帯のご来館はお避け下さるようお願いします。

                                   (以上)


キリンたちの晩夏 一輪車で島内巡り ガバナーズ・アイランド 【1面・総合・2010/9/11号】
ハリケーン接近の予報を覆し、気持ちのよい晴天となったレイバー・デーの週末、ニューヨークで初めての一輪車の祭典「ユニサイクル・フェスティバル」が3日間にわたって開催された。 >>全文を読む Photo : 森健次

神田瀧夢NY凱旋 ヨシ天尾とライブ アップルボンバー参上 【3面・総合・2010/9/11号】
自叙伝『サムライ・スピリット』(幻灯舎)をこのほど出版したロサンゼルス在住の俳優でコメディアン、神田瀧夢(かんだ・ろむ)=写真右=が8月31日夜、マンハッタンのマイルス・カフェで、ニューヨークの「サムライ俳優」ことヨシ天尾=同左=と久々の旧コンビ、アップルボンバーを組んでお笑い芸を披露した  >>全文を読む

東京便り 安西水丸 【18面・総合・2010/9/11号】
東京は猛暑の日々です。夏なので暑いのは仕方がないのですが、連日三十五度以上の暑さがつづくとちょっとうんざりですね。ぼくは日本が本格的な夏に入る、七月二十二日生まれなので、どちらかというと夏は強い方だとおもいます。  >>全文を読む Illustration : 安西水丸

書店大手の縮小相次ぐ バーンズ&ノーブル、ボーダーズ 【10面・総合・2010/9/11号】
米書店チェーン最大手のバーンズ&ノーブルは8月30日、アッパー・ウエスト・サイドの66丁目店を、来年1月末で閉店すると発表した。バーンズ&ノーブルは、1965年にニューヨークで創業された。 >>全文を読む

TRAVEL 薩摩藩士の香り漂う 米最古のブラザーフッド・ワイナリー 【13面・旅のページ・2010/9/11号】
9ニューヨークは気候が厳しいことから、ヨーロッパ原産のワイン用ブドウ(ヴィニフェラ種)の栽培が難しく、主に食用やジュースに用いられているアメリカ原産のラブルスカ種や交配種が多いため、天候に恵まれたカリフォルニアの様な品質の良いブドウの栽培ができなかった。 >>全文を読む

« 1 209 210 211 243 »
週刊NY生活TVはこちら! 週刊NY生活公式Linkedin
コラムニストのブログリンク
くろすとしゆきさん
「Senri Oe の月刊NY音楽生活!」
「小田裕一郎の音ネタ日記」
小田裕一郎さん
>>ODA STUDIO's posterous
「横尾忠則 GOOD DAYS」
横尾忠則さん
>>横尾忠則の日記
「週刊NY生活」発行人
トミー富田さん
>>トミー富田ドットコム

過去の記事を検索

ニューヨーク旅行サイト
ホテル予約サイト
このサイトについて
代表者挨拶
週刊NY生活について
「週刊NY生活」設置先
お問い合わせ
ニュース・情報提供は
広告のお問い合わせ
リンク集
NY領事館からのお知らせ
免責事項