週刊NY生活デジタル版です。日本からの対米進出、商品販売、新規事業などを応援しています。詳しくは企業案内、代表者挨拶をご覧ください。
  • 674号発行しました。
  • 今週の紙面まるごと読めます!
  • NYスクールライフ特集2018
  • 今週の紙面はこちら
  • 過去の紙面を読む

主なニュース


現代をにらむ少女 奈良美智の世界 【1面・総合・2010/9/4号】
にらみつけるような目の女の子をモチーフにした絵画作品で知られる奈良美智(なら・よしとも)の作品展「Nobody’s Fool」が、市内のアジア・ソサエティー(パーク街70丁目725番地。電話212・288・6400)で今月9日から開催される。 >>全文を読む Art : 奈良美智 Marianne Boesky Gallery

2台の被爆ピアノ来米 9・11追悼や国連本部でNY公演 【1面・総合・2010/9/4号】
平和の尊さと核廃絶を訴えようと、広島で原爆に遭いながら奇跡的に残った2台の「被爆ピアノ」のニューヨーク公演が、9・11テロ9周年や9月21日の国連平和デーに合わせ、マンハッタンの国連教会や仏教会、ジャパン・ソサエティーなどで9月10日から19日にかけて行われる。  >>全文を読む Photo : munefumi takemoto

平井堅BBキングで熱唱 【3面・総合・2010/9/4号】
歌手の平井堅が8月25日と26日、タイムズ・スクエアにあるB・Bキング・ブルース・クラブ&グリルで初のニューヨーク・ソロ公演を行い、のべ約1200人が心にしみわたる美しい歌声を間近で堪能した。  >>全文を読む Photo © AndrzejLiguz/moreimages.net

優雅な20年代へ タイムスリップ 【4面・総合・2010/9/4号】
夏の間の毎週末、欠かさず何かのイベントが開催されてきたガバナーズ・アイランド。8月の最週末は「ジャズ・エイジ・ロウン・パーティ(Jazz Age Lawn Party)」が開かれ、そこはまるでアメリカン・クラシック映画のセットにでも入り込んでしまったかのよう。 >>全文を読む

メッツ・シティ球場で 日系の足跡を顕彰 【4面・総合・2010/9/4号】
日米交流150周年記念の一環として8月最後の金曜の27日、第一回ジャパニーズ・ヘリテージ・ナイトがメッツ・シティ球場で開催された。  >>全文を読む Photo : 森健次

麻莉華さん全米優勝 NYの13歳カラテキッズ 【5面・総合・2010/9/4号】
南北アメリカ15か国から強豪が集う空手の全米大会「パン・アメリカ・ジュニア・オリンピック」が8月20日から22日までの3日間カナダのモントリオールにて開かれ、クイーンズ在住の空手少女、渡辺麻莉華さん(13歳)が組手の全米チャンピオンに輝いた。  >>全文を読む

宝島社が企業広告 日米同時掲載 【8面・総合・2010/9/4号】
宝島社(本社東京、蓮見清一社長)は2日、企業広告「日本の犬と、アメリカの犬は、会話できるのか。」を日米の主要新聞8紙に同時掲載した。出版社が日米で広告掲載するのは初。 >>全文を読む

相原勇のNY日記 私とNY 心は大和撫子かな 【15面・総合・2010/9/4号】
9月! 新学期ですね。振り返るとアッと言う間だが、NY生活も早、13年!!。 高校卒業と同時に上京した東京生活より、海外生活の方が長くなっちゃった。「2年で帰国するつもりだったのに…」 >>全文を読む

シネマ映写室 Mesrine: Killer Instinct  【30面・文化・芸能・2010/9/4号】
アメリカのパブリック・エネミー(社会の敵)・ナンバー・ワンがジョン・デリンジャーならフランスのそれはジャック・メスリーヌ。1960年代から70年代にかけてフランス、カナダで銀行強盗など犯罪を繰り返し、投獄されても驚異の脱獄をやってのけた伝説的ギャング。  >>全文を読む  Photo : Stephen Vaughan


日本の街だよ マジソン街がジャパンタウンに変身 【1面・総合・2010/8/28号】
マンハッタンのミッドタウンに、マジソン街43丁目から北2ブロックを日本文化紹介の屋台村に変身させた「NYジャパンタウン」が20日登場した。 >>全文を読む Photo : 三浦良一

週刊NYシネマ館 あなたが作るミニ映画コンクール 【1面・総合・2010/8/28号】
本紙『週刊NY生活』では、読者が作る映像作品コンクール「週刊NY生活シネマ館」をスタートします。プロ、アマを問わず、芸術性に優れたオリジナル短編作品をふるってご応募ください。本紙上で2か月に一度、作品を発表し、デジタル版でも動画紹介し、年間大賞を選びます。応募規定は次の通りです。  >>全文を読む

兵藤ゆきのおじゃましま~ッす! 俳優・歌手三田村 邦彦さん 【3面・総合・2010/8/28号】
ご存じ、必殺仕事人、飾り職人の秀さん、といえば、三田村邦彦さん。私も必殺シリーズの映画に出させていただいたことがあったんですが、実は去年の秋、テレビ番組で三田村さんと久々にご一緒させていただきまして。 「そうですね、京都を旅しましたねえ」 >>全文を読む

たまごかけご飯は?すき焼に生卵は?うどん、ラーメン、納豆に生卵は? 【4面・総合・2010/8/28号】
白いご飯に生卵。すき焼に、ラーメンに、うどんに、納豆に—。生卵は、日本人の食生活と食卓に切っても切り離せない食文化。今回のアメリカで起こっているサルモネラ菌汚染パニックで、FDAは卵を加熱調理して食べるように推奨している。 >>全文を読む

モーターボートの休日 99歳間近の日野原さん 【4面・総合・2010/8/28号】
ニューヨーク州北郊アセンズのスリーピー・ホロー湖で颯爽とモーターボートを操縦するのは聖路加国際病院理事長の日野原重明さん(98)。自ら企画したミュージカル「葉っぱのフレディ」NY公演が大成功し、3日間の休暇をロッキー青木恵子さんの別荘で過した。  >>全文を読む

エンパイア・ステート・ビル 隣に高層ビル建設か 【5面・総合・2010/8/28号】
エンパイア・ステート・ビルのすぐ西側に建設予定のオフィスビルがニューヨークの空の景観を損なうとして、エンパイア・ステート・ビルの管理会社が23日、市議会の公聴会で抗議した。エンパイア側は、階数をもっと低く、景観を損なわないようなデザインに変更すれば建設を容認するとしている。  >>全文を読む

アスベスト除去 組合員代弁ねずみ 【5面・総合・2010/8/28号】
通勤客や観光客の往来で賑わうグランドセントラル駅近くの42丁目の歩道に突如登場した2匹の巨大なねずみ。ずしりと構え、大きな黄色の歯を見せて不敵な笑みを浮かべる映画のセットさながらのモニュメントが、道行く人々の目を引いている。 >>全文を読む Photo : 三浦良一記者

NY生活ウーマン アーティスト 笹本 晃さん 【17面・NY生活ウーマン・2010/8/28号】
今年、たて続けにアメリカ現代美術の最先端を紹介するニューヨークでの美術展に参加している笹本晃(あき)さん。「ラッキーです。経済不況の今、パフォーマンスアートに光が当たっている」と謙遜するが、心理状況や癖や習慣、コミュニケーションのずれを表現する彼女の作品は、5年前に活動を始めた当初から注目されていた。。 >>全文を読む

松窪英二が個展 9029&NOW 【25面・文化・芸能・2010/8/28号】
多摩美術大学で油絵を学び、日本、韓国、ニューヨークでのグループ展に出展、また数々の受賞歴を持つ画家、松窪英二の初個展が9月8日(水)から9月25日(土)まで、NYCooギャラリー(ブロードウエー1133番地335、電話212・380・1149)で開催される。 >>全文を読む

シネマ映写室 The Switch  【26面・文化・芸能・2010/8/28号】
物語はラブ・コメ女王ジェニファー・アニストンの定番スタイルだが、相手に実直さがにじみ出るジャスティン・ベイトマン、脇に、ジェフ・ゴールドブラム、ジュリエット・ルイスらの実力派を配したのが奏功し、アニストンの作品の中では最高の出来。  >>全文を読む  Photo © Miramax Films

« 1 207 208 209 240 »
週刊NY生活TVはこちら! 週刊NY生活公式Linkedin
コラムニストのブログリンク
くろすとしゆきさん
「Senri Oe の月刊NY音楽生活!」
「小田裕一郎の音ネタ日記」
小田裕一郎さん
>>ODA STUDIO's posterous
「横尾忠則 GOOD DAYS」
横尾忠則さん
>>横尾忠則の日記
「週刊NY生活」発行人
トミー富田さん
>>トミー富田ドットコム

過去の記事を検索

ニューヨーク旅行サイト
ホテル予約サイト
このサイトについて
代表者挨拶
週刊NY生活について
「週刊NY生活」設置先
お問い合わせ
ニュース・情報提供は
広告のお問い合わせ
リンク集
NY領事館からのお知らせ
免責事項