To view this page ensure that Adobe Flash Player version 11.1.0 or greater is installed.

(13) [旅のページ] 週刊NY生活 SHUKAN NEW YORK SEIKATSU 2014年(平成26年)8月2日(土) TRAVEL くの極離らに上 期 咲 か 窓 イ40て て 降 ビ 後 間 催 る、圏に直位でア待きっかキ分い荒りク、かし世 暖メにあ行置グイを、たらャ程た寥立︵アらよ界 流キかる便しリス裏美が見ビ度がとっKイ受う初 のシか。で、ーラ切し、るクの、したEスけとの コ 国約ニンンらく苔景に所空た。Fラ の国 影 っ て 湾 土5ュラドれ、に色 に港国ど︶ン 提際 響かての時ーンはた良包に向あかかん国ドか案大 をらい一間ヨド北。いまはかるらとな際のらを茶 強流る部半ーの大 う 意れ岩道首バ想に空ケ2茶会 くれもはのク南西 味花が中都ス像寒港プか人を 受ての北距か東洋 でが多 レでしくにラ月仲開 、 と◆ ノス の る 山 さ 四 る 夏 常 寒 度12け ス電 ・・ま各。がで国。でにさほ〜、 ラ子 ヨ タ ず 地 茶 存 、 を 国 も 風 は ど14訪 イ新 ド聞 シ﹁ 自 ーワはで会在全合土防が厳で度れ コー、行はす島わは風吹しニ、た の。イわ、 でせ日 くュ冬6 ョ週 着き ー刊 にN 然 作前マれア 品衛ジたイ る 約た本 火1程のはついヨも下 け なーで月 なY で芸ン。ス山3度北必る。ー氷旬 り生 、 レ術・ ラ島0の海要たたク点で ま活 すデ 。ジ 瞬 ア イ家ピ キオー ンでの大道でめだほ下日 ドあ火きとあ 、しど3中 タ ル 間 大 包島れ間至ら ﹁ 塔2り念にャ 版 ﹂www.nyseikatsu.com 、 イ の次ま全、にのん平のメ、す建ビ 露はれ体白わ6﹂ 天、てが夜た月とな面ト径モさ沖 和 側ー直る設ク 人 世 ス 風 車 い 美 の る21書 にル4ニれ合 呂をたした 日か界 のメ たの 茶 をは円ーュ世ビ と ブ借。いめ 、れ ルり 太夜 会 こ て 想24筒 ト メ 界 ー の ラ ーて ラ世 グ界 陽10が こ い 像 か 形 ル ン 平 ズ の時開でるし国の、ト和エ 光 で 催24。 て 語 光 高 で を イ ン ー最 にもさ時夏ごでのさあ祈島 の 画 面 出 た塗問のリ効湯る一0の年利電ン 。っわ温カ果は。周0温代用所を で こ の 会 ド 水てず泉とて神青す平泉後しの訪 温温顔の呼き秘みる方で半た地れ 写 真 い は泉や目ばめ的がのメあに施下た 38 身 玉 れ ん で か に ー る 偶 設 熱 。 を ク リ ッ の で 度 を 体 で る と 皮 っ10ト 。 然 で 水 こ 前楽に、白の膚た分ル広で、のこ 後 し白老いこ疾乳以 もさき1排は ク す る 露天風呂ブルーラグーン 尊 茶 とんい若泥と患白上あはた9水地 ぬ で泥男が。に色か るいを女こシものか り5人7を熱 、 0工0再発 3がにら北帯コほイン足代対 メっユ西には世どキクさ議話まく通りのー隔た 多字周るメ間っ さ 会 ーのる水をとあ1ら 、こ時蒸訪もる0内続設泉ナ湯で 施温ウせめ ーてーに露、界北ャべれ会にたのりにをトで場 を と間気れ呼ガ0陸いで好、や、 Geyser トおラ北出プ遺東ビトた﹁礎、観煮は眺ル熱所 で間あたぶイキ部てあきマ洞温 ルりシ米しレ産にクリ歴アを9光え小めの水で 、隔る。︶ザロ中、るなッ窟泉 ほ、アプてーに位かル史ル置3客たさる高があ ど 現プレいト登置らも的シく0が ぎ なこさ地る 体 英でい間とー走心レ。らサ風の ︶語噴は欠呼︵り方イ 必ー呂周 広在レーるの録し車訪なン世年来っ間とま上。 のの出泥泉ばゲ、面キ が り もート。境さ、でれ場グ界にて 年トがこ目れユ2た所﹂初人いて泉が噴ら〜 欠 現 で か10 語︵すな 源ガるど とれイ間へャ はるシ欠おビ ずジ、り 訪もミに れあスは 続 に が 、 こ が た ネ 時 。 、 が の 々 た お も で 出 約15 とイ温が 熱場ー泉よク たりト打 2広 り き 水所ルがそか け 、 東 か 南 一 ス 間 レ シ 発 近 の 。 、 文 、 す20分 なザ泉あ 、 い 、 サた ー大経せこ現とい人あ界合浄とた共もきとら初がリトフ回ことく際 も氷る所て ウ日験たとさ、もとらでう、対。鳴互、会ずめ集カララ目と精と大最眺河大でい ィ本とこをれ ﹁、の ゆ生こ平話一しい言え離てま、リンがを神、茶後めが地ある ス茶なと体る生すどるきと穏し杯合の葉たれ会っ日アス開目の茶会にる流のる、 ク道っは現芸 とべん 自るをの、のえ精をよてった本、、催的可のに、これ裂。大 共学た何し術はてな然す目大調茶る神多ういた。かブドさに能湯つ冒と込けギ地 同会。にた作茶尊些とべ指切和をよのくなたの茶らライれこ性にい頭がん目ャが 主教︵も日品をい細のてしさ、通う芯交気兄に人8ジツ、のをおてにでだやオ生 宰授森代々で通とな出の、を尊しなのわ持弟も仲人ル、イた探け触述き美、とま ︶、宗えをあしい触会瞬こ分重て気部さちにか間の、オタび求るれべるし溶呼れ 行乃行台子点前をする著者。茶人仲間と 特製のウォールナッツと黒糖の羊 テ碧難過るてうれい間のか、人が分ずがやかと茶アーリ第す美てた。いけばる ア レイキャビクの黒いビーチにて 羹。銘「陰陽」兵頭美由紀さん作 ィ/いご ﹂表こ合、、世ち清々しでと湧っわは人メス、1る学お国 滝たれ場 身でがのにで一根り使なな京時 らて使美あににが大 近あ言家住し番津、館か博国間外でい夫術り同勤、使前 なるえ族んた訪美日にな物立的務する人館ま様務実館回 美大まにで。問術本近か館博余省。となにすのしはに港 術使すついこし館美く作を物裕の いど諸。調て、つ区 館家。いるのやの術、れ訪館の知 うが外港査い以いに か族諸て大こすよを日ず問のな人 話頻国区をた前て集 らは外も使という鑑本、すよいに を繁のにし頃私述中 日、国同夫はとな賞庭むるう来よ 聞に来あたにがべし 本まのじ人、の施で園し時な賓れ い訪賓るこも文まて 文さ代こや港こ設きもろ間大がば た問や根と独化しい 化に表とそ区とがるあ大はき東、 かし大津が自庁たる はでまる残求 し信同務行情化う図物日で経を 思もせこ念しこょに行省い報のしる館本あ験、 っこんとなよのう努しの、をパたこ・のれしそ てのでががうよかめ、幹と提ン身と美﹁ばてし お考しでらとう。る日部き供フ近も術顔、いて らえたき上しに べ本がにすレな重館﹂文る日 大使館から ずは。ず司た考 き文彼はるッ施要ので化の本 、間し、ののえ 次違か実理で、 のいし現解す予 で化ら文なト設で整あ庁での はのの化どやにす備るとす博 な国訪庁支重日が充国し。物 文化発信 機だいはをが算 い際問や援要本、実立てそ館 会とまし得、要 で発に外をな文こを博はうを 国い的か重に設教のす高パりセが らの信し市使もめ公こュ聞設在てり使本なしをり円に館港気にた私てと館なこと掌 を 立まなら要思の育大がいン、ン各日れ取を、に館の、邸とリにが外い、館木って称ま宮よの区分ちこもいきなかといでも待 博す機、なわよや都、展・ニタ都本まり行積﹁附でもなはテし設公ま時ににた現えす記る地赤をょとそるどどにがうすうっ 物。能も外れう在市パ覧ソュー市です組っ極韓属しうど理ィてけ館す折もあと在る。念作下坂味っがのときをはあ観がひて 館︵がう交まな留をリ会サーなには。みて的国施ょひの解ー知らで。、ギるいの記高ギ品2にわとあいこイ併ギり点、とい 総栗欲少です側邦除やをエヨど日、 がいに文設うと一し上りれそそ展ャスいギ念円ャを階あえしりくろベ設ャまか日つる 務原ししあ。面人けロ開テーを本国 日ま韓化とか工 まのまてうの覧 ウまャ行宮ラ展にるまたまつもンしラすら本、と 部祐いギる文がのばン催ィク設文際 本す国院し。夫般す理せいし点会ラェすラ事殿リ示はカす外すかあトてリ。考の外こ 長司よャと化強た、ドしーで置化交 にが文﹂て韓で公が由んるた、をリー。リの下ーすカナ。国がをりをいー大え文務ろ ︶/うラの交いめ日ンてがはし会流 も、化を主国き開、が。例公日開ーデ港ー一の﹂るナダ例旅、訪ま開たや使て化省で 東にリ観流よの本ない質ジて館基 求同の設要がなを大あセを開本催がン区名環功が﹁ダ大え行ま問す催り図館い発のす 京思ー点もう施語どまのャお・金 め様発置都大い含使るキ寡施のしあ大六とと績あ高人使ばのさし。し、書のる信所。 第80回