極道の世界から足を洗い、牧師となった井上薫師がニューヨーク近郊の日系教会で伝道集会を開催する。日程は11/13(日)ラブ・ジョイ・ピース教会(午前NJ、午後NY)、14(月)JCFN月例VIP集会(日米合同教会)、20(日)ニュージャージー日本語キリスト教会、27(日)グリニッジ福音教会とニューヨーク日本語教会(タカホ)。
詳細は www.jcfnny.org/inoue
 井上薫:北海道門別出身。中学生時代から非行に走り、22才でヤクザになり、飲んでは暴行を繰り返し、金も女も欲しい物は手に入れる。やがて手を出した覚せい剤におぼれ、被害妄想と錯乱の中、3度の自殺未遂を繰り返す。生きることも死ぬこともできなくなってしまった井上に手渡された一冊の聖書。どん底の暮らしの中、教会に通うようになり90年洗礼を受ける。97年に聖書をくれた女性と結婚。現在はスモール・ストーン・ミニストリーを立ち上げ、世界各地の刑務所や少年院、麻薬患者収容施設を夫婦で訪ねて伝道している。